So-net無料ブログ作成
検索選択

TwilightLoad [写真館]

TwilightLoad.jpg


☆☆陽が沈み、静かな時が流れる・・・。
   やがて闇の中に消える焼けの空、山、海・・・
    そして訪れる満天の星・・・
     願いはたくさんあるが、一つだけにしよう☆☆

■ D7100  17-70mmMACRO

想い [写真館]

想い.jpg


■ D7000 18-105mm

黄昏れの町 [写真館]

黄昏れの街.jpg


■ X-T1 18-55mm

草氷 [写真館]

草氷.jpg


☆☆この日の朝は、吐く息も凍りそうな朝。草木に着いた氷は、朝陽に輝いていた。☆☆

■ X-T1 18-55mm

カメラ [つぶやき]

☆☆ややネタ切れ気味なので、今まで使ったカメラたちを・・・。☆☆

1600.jpg


東京写真を学んでいたころ手に入れたブロニカ。当時は、ハッセルブラットはとても手が出せるものではなかった。本心は、コーワ6をと思ってたが、結局ブロニカに。特に理由はないけど、当時はアルバイトで某化粧品会社のコマーシャル写真を撮ってたので6×6判のカメラが欲しいと思ってた。が、役不足であったと反省。このブロニカ、ニッコールでもなくゼンザノンでもないコムラーレンズ!100㎜でF2.8という明るいレンズを買いました。なかなかいい画質ですよ。ただ、フォーカルプレーンシャッターでクイックリターンミラーなので、音とショックが半端でないのです。で重い。シャッタはバッシャッ!という機械音。一生懸命シャッターを切ってる感じですね~。で、全身が震える。

1700.jpg


ミノルタX-700。十数台使ったカメラの中で、相当長い間使ったカメラ。ワインダー(モータードライブ)を付けました。レンズはロッコール21㎜。風景やスナップは、ほぼこのカメラ。キズだらけですが、今も不都合なく作動します。

1800.jpg


☆オートフォーカスで衝撃的なデビューとなった歴史的名作、ミノルタα-7000。電子ボタンだらけて未来的な操作性が、現在のデジタル一眼の出現を予感させたようなカメラでした。80年代当時としては、フォーカスは早くピントは実に正確でした。

1900.jpg


☆何故かペンタックス。これは、ペンタックスのレンズを使ってみたかった。友人がペンタを持っていて、ヌケのいいスッキリとした写真を撮っていたを見て、これで撮ってみたくなりました。軽量コンパクトで機動性はといもいいカメラ。四隅の流れもなくヌケのいい仕上がりです。


☆☆また機会をみて、活躍したカメラをUpしたいと思います。僕は、ほとんどミノルタのカメラを使ってきました。独自のカメラ作りが好きで、現在のソニーの基礎を作ったと、勝手に思ってます。他にコンパクトなカメラは、ヤシカ!これは2台所有してます。またいずれの機会に・・・☆☆

雪原アート [写真館]

雪原アート.jpg


■ D90 18-300mm

輝く朝 [写真館]

輝く朝.jpg


☆☆我が家の寒暖計・・・-16℃。早々カメラを持って樹氷を撮りに。川の近くでは、朝陽の中にダイヤモンドダストを見ることが出来た。今年・・・初めて・・・。☆☆

■ X-T1 18-55mm

一灯 [写真館]

一灯.jpg


■X-T1 18-55mm